« フェアアイルというもの | トップページ | 前へ、昨日とは少し違う明日へ »

2009年12月28日 (月)

足元源泉三連発

Imgp3019
真賀温泉「幕湯」

郷緑温泉、真賀温泉の「幕湯」、奥津温泉・奥津荘の「鍵湯」で旅行雑誌の取材。
温泉ツウならこの三湯の名を見て、即、
「足元湧出・源泉かけ流しか!」と言える人は温泉ツウ。
この三つの温泉はどれも湯船の底が岩。
天然の岩。

Imgp3428
郷緑温泉の湯船の底

つまりもともとそこにあった、自然のままにそこにあった岩を囲って湯船にしている。
その岩の割れ目から染み出す、地球からの生まれたての湯が、湯船を満たし、溢れている。
そんな、大自然からのおこぼれを利用しているような温泉に浸かっていると、
深くボーリングして無理やり湯をくみ上げている温泉が多い現代温泉事情・・・どうでもいいけど、漢字が4つ以上並ぶと堅苦しいですね・・・について、
「うーん」という気持ちになった・・・・・・ちょっとだけね。

Dscf2499
奥津温泉には、足踏み洗濯をする日常がある

奥津荘では取材に二泊も費やした。江戸時代には地元藩主が独占した名湯「鍵湯」に浸かり、非常に美味しい料理を毎夜毎朝食べていたら、体重が2キロ増えた。
そして急に増えた体重に耐えられず、腰痛になった。
極楽温泉取材も楽じゃない。

|

« フェアアイルというもの | トップページ | 前へ、昨日とは少し違う明日へ »

取材現場から」カテゴリの記事

コメント

僕はここ一年ほど、

立ち仕事による腰痛です。

「温泉ご馳走(取材)腰痛」。

同じ腰痛でもうらやましい腰痛です。

一度は味わってみたいと思います。

投稿: あんちゃん | 2009年12月30日 (水) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェアアイルというもの | トップページ | 前へ、昨日とは少し違う明日へ »