取材現場から

2015年12月11日 (金)

釜は鳴った

取材ラッシュのこの二カ月、興味深い人に会い、ちょっとした「言葉」を受け止め、珍しい体験をした。誌面には入りきれなかったことを、小出しに書いていこう。

11月の吉備津神社(岡山県岡山市)で、鳴釜神事の取材。
岡山の人以外は知らないと思うのでざっと説明すると・・・・・・
 
Pb079475
吉備津神社本殿
 
― 神話の時代、温羅という鬼のようなものが悪行の限りをつくしていて、それを吉備津彦命が退治した。温羅の首は吉備津神社の御釜殿の下に埋められ、その後、御釜の鳴る音(温羅の唸りと言われている)で吉凶を占う「鳴釜神事」が行われるようになった ―
 
Pb079447
御釜殿。温羅の首を埋めた場所の上にはカマドと御釜がある。
 
小学校時代に僕はこの神社の隣町で暮らしていて、遠足や初詣でなじみ深い場所だったけど、鳴釜神事は初めて。果たして・・・・鳴りました鳴りました、まさにこれは鬼だろうという、低く豊かで心にずんと響く大きな音が!
 
一般的には豊かに鳴り響けば吉とされているらしい。となれば、こりゃどう考えても吉だろうという偉大な唸りだったけど、取材に対応してくれた吉備津神社の宮司さん曰く、「聞く人の心にどのように響いたか」だという。
 
Pb079426
吉備津彦の温羅退治の伝説は、昔話「桃太郎」のモデルらしい。
 
さて、今回は取材ということで特別に撮影と録音を許可してもらったのだけど、音についてはちょっとした事件が。
 
原稿を書くにあたって、あの温羅の唸りをどう表現しようかと悩み、レコーダーを再生してみた。神事が始まり、祝詞のあたりまではきれいに録音されていたのだが、突然ノイズが入り始め、あれほど大きく響いていた温羅の唸りは全く録音されていなかった・・・・・
 
やはりあれは、聞く人の心にだけ響いていくものなのだろうか。
 
Pb079537
吉備津神社門前の土産物屋の「桃太郎そば」はお奨めです。きび団子入り。

| | コメント (0)

2015年10月29日 (木)

魚の群れが来ているから

漁師と一緒で、獲物が来たら獲りまくるしかない。フリーなんてそんなもの。
でもそれが2カ月続くとさすがにしんどい・・・

 
Imgp8366t
ふくちゃんと一緒に山登りでもしたいな・・・

| | コメント (0)

2015年4月 8日 (水)

表紙に浮かれる

私が撮影した写真が、現代農業(農文協)今月号の表紙に。

Imgp3797

表紙に採用されたのは久しぶり。

これまでに、モンベルカヌーカタログ、カヌーライフ、旅の手帖ぐらいだったかな。

仕事ネタはあまりブログに書かないのですが、ちょっと嬉しくて・・・

トラクターで耕運中の写真をあんなにたくさん撮ったのは、人生初でした。

P2282809


| | コメント (0)

2014年8月22日 (金)

20年が過ぎていた

Dscf9806s

取材で西穂高岳へ。22年ぶりの北アルプス登山になった。

標高2000m越え、険しい岩稜歩きという、この22年間全く縁のなかった世界へ。

Dscf9864s

のわりには、けっこうやれるもんだ。

頼りになる梶山さん(フォトグラファー)と、国体クライマーでワンゲルを卒業したばかりの小原さんのおかげで、おっさんの私も楽に登頂できた。

Dscf9887s

セピア色になりかけていた北アルプスの記憶と、いま目の前にある風景の迫力や鮮烈さとのギャップがよかった。ちょっと若返った気もした。

Dscf9928s

22年前に北アに来たときは、秋だった。

2か月間のユーコン川下りから帰ってきて、しばらく無職が続きそうだったので、どうせならと山に入ったのだった。

2週間ほど涸沢でテント暮らししながら、一人で登れそうなバリエーションルートをいくつか登った。そのとき私は何を考えながら山の日々を過ごしていたのか、誰に出会いどんな話をしたのか、もはや記憶はおぼろげだ。なんだかもったいない気がする。

Dscf9948s

が、その後、記憶を上書きすることがたくさんあったということなのだろう。
もっと楽しくて、心に刻まれる出来事があったし、今も続いている。

この登山の模様は、梶山さん撮影の素晴らしい写真(このブログの大村写真よりずっと美しい)とともに、来年の夏ごろ掲載されます。

| | コメント (0)

2014年7月 2日 (水)

書くのか撮るのか

「文章と写真、どっちが本業?」とよく聞かれる。初対面の同業者の場合は、ほぼこの質問をしてくる。
「両方ですよ」という場合もあるし、「写真」または「文章」ということもある。要は適当なのだ…というか、相手を見て使い分けている。二刀流って、「なんだかどっちつかず」と低く見る同業者は少なくないのだ。

本音は、「二刀流ですけど、なにか?」。僕は表現することにこだわっているけど、その手段はなんだっていいと思っているから。

Photo

今月の仕事でいうと、年4回発行される好日山荘のフリーペーパー「グッデイ夏号西日本版」にはライターとして参加(東日本版には不参加、あしからず)。好日山荘の店舗紹介とからめた登山紀行(連載)という、「どう書けばいいやら」と、いつも悩む仕事だ(読んだ人の賛否もいろいろ)。

今回の伯耆大山記事では、でかでかと僕の姿が載った。そして、「大村氏が着ている短パンが欲しい」との問い合わせが、好日山荘に何度か届いたらしい(残念ながら絶版モデル)。となれば僕の仕事、文章と写真に「モデル」を加えてもよさそうな…

P4174073t
季刊地域の取材現場にて

「タネはもっとケチれる」とか「いいぞ、浅起こし!ドライブハロー耕に注目」など、農家の心をわしづかみ、な感じの見出しが躍る「現代農業」。その別冊でまもなく発売の「季刊地域」夏号では、カメラマンとして2本の記事を担当した。
この雑誌ではいつも「文章担当の季刊地域編集者+カメラの大村」という布陣で取材に行く。記事の専門性が高く、僕では文章が手におえないのだ。

ここの編集者たちの仕事ぶりは素晴らしい。「よくもまあ、あれだけ聞きたいことがたくさんあって、粘り強く取材相手に食らいつけるよなあ」と、毎回感心してしまう。
彼らは、「出版を通じて世間を少しでもよくしたい」とか、「よくしていく手助けをしたい」という気概に満ちているのだと思う。じっさいこの雑誌では、田舎や農林水産業を盛り返していくアイディアや実例がいくつも紹介されている。

正しい「やらねば」を持って仕事に取り組んでいる人に会うのは、ハッピーであります。

| | コメント (2)

2013年5月24日 (金)

足に激痛

取材で六甲山登山。芦屋川から有馬温泉へ、汗だくながらも快調に越えていった。
が、登山の翌日、右足首が炎症で腫れ上がり、立つのも困難に。
有馬温泉でのんだ湧水(まずい炭酸水)が悪かったのか?(というか、単に痛風的発作のような気がする)

Dscf6514s
山岳写真家梶山氏も絶賛の毒水

せっかく大歩危小歩危下り&キャンプに誘ってくれたみなさん、行けなくなってスミマセンでした(涙)

Dscf6414s
新パドルも買って、準備万端だったんだけどなあ~

| | コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

狭い町で

取材で広島県呉市へ。
自分が生まれた町を見下ろした。
平地の少ない、造船所と工場と商店と住宅が密集した町。
こんな町でずっと暮らしていたら、僕の人生は、今と同じだっただろうか?

_5081894bw

| | コメント (0)

2013年3月16日 (土)

赤坂山

Dscf6299

山岳写真界の巨匠(と、ぼく個人的には思っている)と赤坂山へ。

送電線がなければな~。よりによって原発からの電気だし。

Dscf6282

この5月も、巨匠と取材仕事で登山する。行き先は六甲山だ。

| | コメント (0)

2013年3月15日 (金)

世界遺産になぜしない?

_3151372

鞆の浦へ。

_3151233

ユネスコの機関「イコモス」からかつてお墨付きをもらったのに、
なぜ未だに世界遺産申請しないのか・・・なにかと胡散臭い裏事情がありそうな港町。

| | コメント (0)

2013年3月 9日 (土)

直島と豊島

_3080774

アート取材で直島&豊島へ。

船待ちの時間にシャッターを押した。

_3070724

お結びを食べたくなった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧